<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

脣星落落

 

来年は、ぐっと大人向け。

アダルトな意味ではなく、コンセプチュアルなものに挑戦したいと思います。

 

展示の意味、作品の意味、作家の意味。

それらを言葉にすること。

 

それは、体感できる範囲の限定・制約にしかならないと思っていたけれど。

 

誰か、何かを好きになったとして、もっと掘り下げて好きになってみようと思った瞬間、掘り下げる土が無かったとしたら、その土に生えていた”好きになったもの”は、フェイクかもしれない。

 

私はそんなのは嫌なので、今まで言葉にしてこなかったものを、ヒントや娯楽として、文字にしてみようと思いました。

準備期間はいつもどおり全くないし、筆も遅くなってきているけれど、出来る限りやりたいことをやります。

 

さて、どんなことになるのか〜

ブログに思想を書くのがやっぱり一番考えがまとまるのだけど、まだネタばらしは先の先。

permalink | comments(0) | - | ▲top

つらつら

色々と、本当に色々とありましたので、今整理しています。

細かく書くつもりはないですが、ハッピーなことから、アンラッキーなことまで、日々が風で舞い上がるティッシュのように物質的に流動的で軽やかに過ぎていきました。

モノはそこにあるのに、見えない何かに突き動かされて、抗えない感じ。

 

 

さて、絵について。

ここ最近、原点回帰作業を怠っていたせいで、どうにも能の中がバカになった気がします。

長文を考えられない。

というか、年齢を重ねるにつけて、長文の読解能力が落ちている気がする。

意識が散漫になってるのね。

 

おっぱいを描いてみたり、タコを描いてみたり。

思慮の浅さを感じてしまう。

描いたものは、私に単純な疑問を投げかけてくる。

 

昔のように、思いつきで描いてしまっている。

悪いことではないけれど、浅はかというか、「そういう事をやって良い年齢ではないだろう。」と、幻聴がなんとなく過ぎってしまう。

 

この問題は、今後に関わると、少しだけ危惧し始めたところです。

テーマ的に、いつも「飼育」や「装飾」や、「接触」や「対比」、「成長」などなど、個人的に気になったモノを具現化してきたけれど、どれも60%くらい。

ずっと60%くらい。

ここ最近は、ずっと。

 

それをリライトしないと、今後に関わる。というか、成長できない。

私は成長したい。もっと、私の中にある、御子たちを、自由に美しく具現化したい。

この気持ちは作家として、とても大事だとおもう。

今年の1月の個展、5月の個展は、自分にとってとても良い展示になったと思う。

 

そこから半年経った今、見返してみると、やっぱり、今の理想とは違うものになっていて、半年間の間のわずかな成長が、過去のものとして私の個展を眺めている。

 

ここで出来た”差”をリペアするために、次の個展に向けて、テーマとモチベーションを練り直さないといけないと感じています。

 

8月からは大阪での二人展。10月にはUTOPIA HUGE。

そして来年1月には個展です。

 

このセクションで、どう内面を挽回できるかが課題だな〜と思っているところ。

がんばりま〜す

 

permalink | comments(0) | - | ▲top

長い目で見てみたら

少年エキシビット最終日〜
もちろん本日も会場におります。

1月の個展が終わってから、アクリル絵に対してもやっとしていたのだけど、長い目で見てみたら、

画面いっぱいに詰め込む→間引いてシンプルに描く→画材を変えて画面いっぱいに詰め込む→同じ技法で間引いてシンプルに描くという画面構成を延々繰り返していた。

今、アクリル絵でも、ペン画で画面いっぱいまで詰め込んで描いてる。
ここから、いらない要素は間引いて、新しい画法でシンプルに描く段階が来るんだなぁと予感してる。

今は個展の準備でペン画まっしぐらだけど、はやくアクリル絵描きたくなってきてるから、すこし安心。
モチベーション維持はやっぱり修行のようなもので、これでラフのスランプ気味なのが晴れてくれるといいなぁ。
permalink | comments(0) | - | ▲top

ゆらゆら揺れる



ゆらゆら揺れる、夏の日の君と僕


まだまだ寒いので、暖かい日に憧れて、爽やかな色を使った。
この子は少年エキシビットに連れて行きます。


セイフク展、ご来場ありがとうございました。
10年ぶりにペン画も展示して、緊張の中全てお嫁に行きました。
ありがとうございます。





ペン画、描いても良いんだぁ、と安心しました。
新しい画材はやっぱり緊張する。

そして調子に乗り、次の少年エキシビットにもいくつかペン画を持って行こうと思います。

あと、次の個展のメインビジュアルも、ドローイング展と言うことで、ペン画にしました。



変わらずアクリル画も描いています。
今は優秀なガラスペンを探しているところ。

それでは皆様どうぞよしなに。
permalink | comments(0) | - | ▲top

告知!



展示の告知です。
個展が終わって早1ヶ月。
始動は3月1日からの「セイフク展」です〜

ものすごく久しぶりに顔料で描いたら、楽しくて進む進む…
上の画像の子はセイフク展に連れて行きます。
あと学ランと、軍服を描きましたので、どうぞよろしくお願いします。

【セイフク展】
2016/3/1(tue)-3/6(sun)
11:00-20:00 最終日は17:00まで
The Artcomplex Center of Tokyo
東京都新宿区大京町12-9
http://www.gallerycomplex.com/c/uni/

あと、4月は2つ展示があります。

少年エキシビットと、ACT小品展です。

そちらの作品も鋭意制作中です。
顔料絵でもいくつか出したいなぁ。

5月も二つある。6月は1つ。
7月はも1つ。
8月も1つ。
9月は無くて、10月は大きい展示が1つ。

今年は展示減らすって言ってたなぁ、去年の私は。
良い子がたくさん描けたらいいなぁ。

みなさまどうぞよしなにー
permalink | comments(0) | - | ▲top

個展終了。

ベロニカ都登個展「VANTA」、無事終了いたしました。

といっても3週間前…
個展が終わってすぐに引越しをしていました〜やっと落ち着きました〜
なんでこんなスケジュールにしたんだろう。馬鹿かな。


個展では新シリーズを展示するという事で、個人的にとても緊張していました。
今まで”ただ見ている”子どもたち、ではなく、どうしても抑えきれない”触れたい”"交わりたい”という気持ちを、
私らしく表現できる術は、、、と悩んで生まれた「Dear nightmare」のシリーズと、「正しい部屋」のシリーズ。


満足いくように描けたか、と問われると、まだ描きたい表情の御子たちが私の中に居る状態なので、満足はできていないと思う。立ち位置の遊びと、解釈の幅は、永遠に広がって、ずっと刺激を与えてくれるから、展覧会はやめられない。

過去最大に様々なお客様にご来場いただき、とても嬉しかったです。
作品も個展で初めて全てお嫁に行き、安堵しました。

個人的に、今手元にある作品も全て無くなったので、本当に真っ白な状態になっています。
ここから、また新たな御子たちを制作していける喜びは、なかなか体験できないことだと思います。
本当にありがとうございます。

また皆さんに甘い誘惑と悪しき正義を体感していただけるよう、精進していきます。
今年は5月にまた個展(といってもドローイング展なのですが)があります。
節目の展示にしようと息巻いているので、また緊張でぶっ倒れるかもですが、どうぞ皆様宜しくお願いいたします。


(自室兼アトリエの一角。友人達の作品をやっと飾れました〜〜)
 
permalink | comments(0) | - | ▲top

個展

 人とは孤独なものだなぁ、と、個展前になると強く思う時がある。

孤独が好きで、孤独になったのか
孤独になってしまったから、孤独なのか
過程はどうあれ、信じ頼るものの無いことの心細さたるや


一人で成長したわけではないので、見守ってくれている人たちに感謝こそあれ、
突き詰めて道を辿ればいずれ誰でも孤独になりうる

1対1の勝負なんだなぁと実感中です

頼っても仕様の無い事なので、残り4日の準備期間、悔いの無い様準備して参ります
permalink | comments(0) | - | ▲top

2015

今年は1月の個展から始まり、アートコレクターズさんに掲載して頂き、そこから色んな物事が動き始めたように思います。

一般の本屋さんにある雑誌に、作家として掲載頂いて、気にして下さるお客様が出来て、作品を観に来て下さる方も増え、展示もめまぐるしく起きては過ぎ去り、手にとって下さる方も多く、とてもありがたい年となりました。

一年を通してたくさんの展覧会に参加させて頂いたのですが、誰かが《正》と思い、《正》と判断した角度の物事でも、《誤》ではなく、《他の正》もあるよ、と伝えられる機会がやっぱり少なかった。
もっと伝えられる時間が欲しいと思ってしまった。でもこれは作家のエゴなんだろうなぁ。
作品にもお客様にも関係無いところの葛藤もありました。

それに、コンセプトをことさら秘密にしているのだけど、それもなかなか伝えないとお客様が一番聞きたい事に繋がらない気がしてる。
本当の奥底の事実は、秘密のままが一番よろしい。

わたし自身の事はどうでも良いので、作品と対峙して、会話を楽しんで頂くのが結局の所、一番嬉しいというか、作家冥利につきるなぁと感じます。

お客様の観ている《正》と、《他の正》と、《人それぞれの解》をこっそり教えてもらえるのが、一番の楽しみなのは昔から変わらないんだなぁと思う。

そして、それらよりも、《なんだかよく分からないけれど好き》という気持ちには何者も勝てないという事も分かった。

あと、絵を描くスピードが落ちたようにも感じる…
それでも早い方だと思うけれど、毎日のトレーニングからしたら、なんだか思うように筆が進まない時が目立ったなぁ。
スケジュール立てを見直して、さらに上手いこと運ばなければ。

バランスよく、うまくハッピーエンドに向かえばいいなと思います。
まだまだ序盤です。

アナログで絵を描きはじめて丸5年、爪先の皮にも満たない若輩者です。
もっと、描きたいものを使いたい絵の具で、自由に、この手で描けるようになるためには、あと何万枚描けば良いのだろう。修行は永遠に続く、、、

年明けから絵を描く部屋が広くなる!
お引っ越し致します。
益々楽しみな2016年、不安も有りますが引き続き展覧会にて作品をご観賞頂ければ幸いです。
permalink | comments(0) | - | ▲top

飼育

はじまりました〜

X'mas ACT ARTIST EXHIBITION

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT151/xmas.html

2015/12/16(wed)-12/23(wed)
11:00-20:00
2F ACT1,2

The Artcomplex Center of Tokyo
アートコンプレックス・センター
〒160-0015 東京都新宿区大京町12−9
tel/fax: 03-3341-3253

今回出した作品は、人魚2匹。
どうぞ宜しくお願いいたします〜
permalink | comments(0) | - | ▲top

VANTA




VANTA



(私の中で自然となっている、人身売買に関する知識と、その他禁忌とされる事象は説明しない)


飼う、飼われる、という関係は、上下であり、左右であり、前後であり、過去未来である。
この4次元の関係性は、1対1の時のみに現れて、そして簡単に壊れていく。

その"ひずみ"に生まれる感情は、いったい何を指し示すのか。

とてつもなく閉鎖的な関係性の上に成り立つ、至極開放的な価値観を、
「1対1」つまりは「作品 対 鑑賞者」の間でやりとりして欲しい。





「作品 対 鑑賞者」
自然発火のように、あらゆる環境が整い生まれてきた作品は、何か意識を持ったように、鑑賞者に話しかけてくる。
鑑賞者の受け取るワードはどんなもので、そしてどんな言葉を返すのか。
絶対的に作者の介入できないコミュニケーションは、どんな言葉を紡ぐのか。

「鑑賞者 対 作者」
一定の距離と、一定の言葉が、それぞれのヒントになっていく。
解説不要。

「作品 対 作者」
私が海に散らばるヒントを集めて、思想の旗を彼方に広げて、そして大切に躾けてきたもの。
背徳感を纏ながら、断崖の淵に優しく佇む。
願わくば彼らに温かな部屋を。
Check
permalink | comments(0) | - | ▲top
| 1/45 | >>
top page