<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 長い目で見てみたら | main | 脣星落落 >>

つらつら

色々と、本当に色々とありましたので、今整理しています。

細かく書くつもりはないですが、ハッピーなことから、アンラッキーなことまで、日々が風で舞い上がるティッシュのように物質的に流動的で軽やかに過ぎていきました。

モノはそこにあるのに、見えない何かに突き動かされて、抗えない感じ。

 

 

さて、絵について。

ここ最近、原点回帰作業を怠っていたせいで、どうにも能の中がバカになった気がします。

長文を考えられない。

というか、年齢を重ねるにつけて、長文の読解能力が落ちている気がする。

意識が散漫になってるのね。

 

おっぱいを描いてみたり、タコを描いてみたり。

思慮の浅さを感じてしまう。

描いたものは、私に単純な疑問を投げかけてくる。

 

昔のように、思いつきで描いてしまっている。

悪いことではないけれど、浅はかというか、「そういう事をやって良い年齢ではないだろう。」と、幻聴がなんとなく過ぎってしまう。

 

この問題は、今後に関わると、少しだけ危惧し始めたところです。

テーマ的に、いつも「飼育」や「装飾」や、「接触」や「対比」、「成長」などなど、個人的に気になったモノを具現化してきたけれど、どれも60%くらい。

ずっと60%くらい。

ここ最近は、ずっと。

 

それをリライトしないと、今後に関わる。というか、成長できない。

私は成長したい。もっと、私の中にある、御子たちを、自由に美しく具現化したい。

この気持ちは作家として、とても大事だとおもう。

今年の1月の個展、5月の個展は、自分にとってとても良い展示になったと思う。

 

そこから半年経った今、見返してみると、やっぱり、今の理想とは違うものになっていて、半年間の間のわずかな成長が、過去のものとして私の個展を眺めている。

 

ここで出来た”差”をリペアするために、次の個展に向けて、テーマとモチベーションを練り直さないといけないと感じています。

 

8月からは大阪での二人展。10月にはUTOPIA HUGE。

そして来年1月には個展です。

 

このセクションで、どう内面を挽回できるかが課題だな〜と思っているところ。

がんばりま〜す

 

permalink | comments(0) | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする