<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 深夜の授乳 | main |

タバコ、彼が眠った後


育児のために仕事を休み、家を買おうとするもやはり希望通りの家にはなかなか出会えず、子どものイベントが1つ1つ消化され、少し間の空いた時間ができてきた。


ぽっ、と、妊娠発覚時にやめたタバコが出てきた。カートン買いしていたタバコは丸ごとヘビースモーカーの父にあげたはずだったのだが、1つだけ、フリーザーパックに入っていたものが出てきた。大人のタイムカプセルだ。どう言うつもりでこれをこうしておいたのか思い出せないよ、ねえ10ヶ月前の私。


これまたなぜか残してあったライターを持ってベランダに出た。箱から引き抜いた1本だけ吸ってみる。それは何ともまぁ不味くて。苦くて重苦しく、とても吸えたもんじゃなかった。

わたし、もうタバコも吸えないんだなぁ。と、しみじみ思った。お酒も禁酒したら本当に弱くなってしまったし、息抜きといえば料理をするくらい。

なんだか更に腑抜けた存在になってしまったように感じた。


育児は順調。わたしたちの子どもは思いのほかすくすくと育ち、最近はもっぱら自分の両手への興味とお喋りが得意になってきた。夜もたくさん眠るし、毎朝起きて「おはよう、」と声をかけた時の笑顔がとてもかわいい。


そんな彼を育てるための家を購入し、夏の間に引っ越して、秋には保育園探しを始めるスケジュールだった。週に1日だけ働いて、それ以外は夜、展覧会用の絵を描く。そんなスケジュールだったはずなんだ。

それが何一つ成就されていないこの現状に辟易してきた。


これからどうなるんだろう。何でもいいから、引っ越ししたい。気分を変えたい。


わたしは今、さよならするはずだったこの部屋の天井を見上げ、空を睨んでいる。

permalink | comments(0) | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする